2006年05月30日

バス待ちの新ルール?

会社の往復に市バスを利用するようになって、
乗車時に変わった習慣が浸透しているような
気がしてきました。

どんなに空いていても
バスに乗る順番はお年寄りが先??

特定の人・場所に限らず、
先に並んでいても
一番バス停に近い所で待っていても、
バスの扉が開いた瞬間に
お年寄りの方がどこからともなく
真っ先に乗り込んでいかれるのです。

いいんですよ、別に。
席ぜったいあいてるし。

だから不思議というか…。
絶対座れるのに、どうしてわざわざ
先に乗ろうとするんだろう…?

こないだも、後ろから早足で一番に乗ろうとして、
それに気づかなかった先頭の若い女性と
おばあさんがぶつかりそうになっていました。

一番に乗れなかったおばあさんは
二番目に並んでいた私をふり返って
「いいですか?」
とたずねてきました。

「いいですか?」っていうのは
先に彼女に乗ってもらうのが当たり前で
その確認ってことなわけで…。

どうぞと言って譲りましたが、
何故、いつのまにこんな習慣が
定着したんだろうと思います。

弱者をいたわるのは当然のことだと思うけれど、
その「当然」を本当に当然とされたくないのです。

優しさはその人の善意だから…
老人の方にしても障害者の方にしても、
「ありがとう」の気持ちだけは
忘れてほしくないなぁと思います。

もちろん自分にも言えることなんですけど。
なぜかバスの車内では自分が立ってると
老人の方に席をすすめられたりするし…。

まっすぐ前だけ見て扉に向かうばかりじゃなく
少しでもお先にって素振りを見せてもらえる
機会も、きっとあることと思います♪
posted by コト at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。